遠い国からはるばると

インフルエンザにかかってしまった。 2日前、朝起きた際に「あれ?なんか頭が痛いな」と思って体温を測ってみたところ、37.5度だったため安静にしていたのだが、今日病院に行って判明した。 この時期に風邪を引くと大抵病院でインフルエンザの検査をさせられ…

「素早さ」への憧れ

もし、現実世界にRPGのようなステータスがあったとしたら、迷わず「素早さ」を上げる。 「攻撃」のステータスを上げに上げ、拳一つで岩をも砕けるようになった人も、その拳が当たらなければ意味がない。ガンダムでシャアの操縦する「シャア専用ザク」も、通…

地球人には無い発想

高校生の頃の話である。 その日は何かの都合で授業がなくなり、自習となった。と、言っても集中している人は少なく、各自話したり、寝たり、好きなように過ごしていた。先生がいないのでほぼ無法地帯である。 すると、クラスの中でもひときわ声の大きいTくん…

永遠と刹那の一秒で

アインシュタインが「相対性理論とは何ですか?」と尋ねられた時にこんなようなことを言ったそうだ。 「嫌な人といると本当は一分しか経っていないのに、感覚的には一時間経っているように思ってしまう。逆に、恋人といると本当は一時間も経っているのに、感…

迷宮のクロスワード【解決編】

※前回をまだ読んでいないという方は、まず先にこちらを読んでください。今回はこの記事の続きです。→https://goo.gl/mVbnGh ……続きである。 前回、クロスワードの答えが分からず煮詰まっていたところで終わった。振り返るとこんな感じである。 じ □ま しんど…

迷宮のクロスワード【事件編】

クロスワードパズルというものをやったことがあるだろうか。 おそらく、ほとんどの人がやったことがあるだろう。やったことのない人のために説明すると、四角く空いたマスの中にある特定のワードを入れていき、パズルを完成させるという簡単なゲームだ。タテ…

『ふ』

『ふ』という言葉には何か不(ふ)思議な力がある。 小さい頃に読んだ本にこんな一ページ、いや二ページがあった。 そのページには、「きょうふのみそしる」という言葉と、恐ろしい顔をしたゾンビが味噌汁の入った茶碗を持っているイラストが描いてあった。 と…

乗りたい車と本当のロッカー

去年、ようやく普通自動車免許を取得した。 高校を卒業し、大学に進学する時、ありがたいことに祖母が車校(余談だが、自動車学校のことを車校というのは中部地方だけらしい。便利だから使ったらいいのに)の費用を用意してくれていた。にも関わらず、通いはじ…

「小島えもの頑張るブログ」のロゴを作りました

いつもブログを見てくださり、まことにありがとうございます。はじめましての人ははじめまして。ブログ書いてます。 ところで、はてなブログというのはアイコンが設定できるようなので、せっかくだからこのブログのロゴを制作した。 イメージは昭和のバライ…

この青い地球に

「地球は青かった」とかつてガガーリンは言った。(はてなダイアリーによると本当に言ったという記録はないらしい。言っといてくれそこは) とにかく、地球は青いらしい。先程から「地球」と打つと出てくる絵文字も青い。 僕も地球に生まれたのだが、生まれて…

落書いて、人生。【ケンギフカルチャーサミット】

アートって何だろう。 こんなことをふと考えたりする。 シュールレアリズムとか、レディメイトとか、モダンアートとか、ポストモダンとか・・・ 言葉として学び、作品として学んでもなお、説明することが出来ない。 アートとは、一体何なのだろう。 そんなモ…

孤独に目を覚ますJ.BOY

最近、広瀬香美の「Groovy!」という曲をよく聴く。カードキャプターさくらというアニメのエンディングに使われていた曲だ。 カードキャプターさくら自体、小さい頃にちらっとしか観たことがないが、この曲は強く耳に残っていた。そもそも、カードキャプター…

妖怪切手ぺろ舐めの苦悩

この間、仕事で郵便を出す機会があった。 郵便を出す、なんて言っても大したことはしない。宛先を書き、切手を貼るだけである。 ところが、この「切手を貼る」という作業に差しかかろうと思った時、ふと手が止まった。 「舐めて貼っていいのだろうか…」 ここ…

STAP細胞を飲んだ話

「STAP細胞」を覚えているだろうか。 2015年、何かと日本を騒がせたSTAP細胞。僕はゴリゴリの文系なのでそれが一体何かは知らないが、連日のようにニュースになっていたので記憶にある(2015年以降に生まれた方は知らないかもしれない。詳しく知りたい人は今…

いつもより熱い湯に浸かって

寒い日が続く。 特に今週末の寒さは「急に本気出し過ぎだろ!」冬にツッコみたくなるくらい寒い。朝、地元の温度計を見たら-9℃と表示されていた。ちっちゃいシベリアか。こうも寒い日ばかりだと銭湯に行きたくなる。 僕は銭湯が好きだ。カバンにはいつも銭湯…

神様のささやき

僕には感謝しなくてはいけない人がたくさんいる。まずは父母、祖父母。ここまで育ててくれてありがとう。お世話になった先生、友達、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。他にもたくさんいるが、今日感謝したい人はずばり「ゴボウが食べ…

石舟浮上せり

高校の頃の話である。僕は日本史の授業が好きだった。日本史自体が好きだったわけではなく、先生がたまに話してくれる「こぼれ話」が好きだったのだ。 印象に残っているのが最澄と空海の話である。ある日、最澄が空海というやばい坊さんがどんなやつかを確か…

NO MORE CABBEGE.

居酒屋で許せないのが「キャベツのお通し」である。 そもそも、このお通しという制度もよく分からない。日本に来た外国人が困惑するというのも無理はない。ましてやそこに生のキャベツが出てきたなら、国際問題に発展してもおかしくないのではないか。「ジャ…

側から見れば乳首を愛撫している

他人は自分が思うほど自分のことを見ていないと人はよく言う。 確かに、今僕はこの記事を電車を待ちながら書いているのだが、今この場で髪の毛をむしり「お昼ごはんが少なかっただけですから!!お昼ごはんが少なかっただけですから!!」と叫びながら食べる…

友達が「オモコロ杯」のためにおしっこを飲んだり食べたりした話

【閲覧注意】 この記事はマジでタイトル通り友達(成人女性)がおしっこを飲んだり食べたりします。 お食事中の方、おしっこが苦手な方、おしっこアレルギーの方は自己責任で閲覧ください。 ある日のことだった。その日は冬とは思えないくらい外の日差しがあた…